理想の注文住宅を建てるには

理想の注文住宅を手に入れ、絶対に失敗しないための注文住宅の秘訣を1級建築士である建築家八納啓創がお伝えするブログです

太陽熱を有効に使わない手はないのです

f:id:yanoukeizou:20190715064511j:plain

OMソーラーを採用したH様邸 夏は屋根の暖気を排気し、冬は50度の暖気を床下に送り込むシステム

無限のエネルギーである太陽熱を工夫して家の中に取り入れたり、排除できれば、かなり省エネになります。OMソーラーやそよ風というシステムは、シンプルにそれを実現したものでした。

今回のyano's blog では、太陽熱の有効活用法について述べています
http://www.keizo-office.com/ie/ie-syouene/3720/

幸運を引き寄せるライフスタイルづくりの秘訣 ダイジェスト版を公開しました

2019年7月13日に広島で開催された開運FESのゲスト講師として登壇してお伝えした27分のうちの15分をダイジェスト版として公開しました。

幸運を引き寄せる人とそうでない人の根本の違いとは?
そう言ったことも体感していただけるでしょう。

まずはダイジェスト版をご覧ください


幸運を引きよせるライフスタイルづくりの秘訣 ダイジェスト版

「幸せな」家づくりの要は、「夫婦のコミュニケーション」

f:id:yanoukeizou:20190714124246j:plain

幸せな家づくりの秘訣は夫婦のコミュニケーションにあります

今回のyano’s blog で取り上げたのは、YouTubeで配信している無料動画講座「幸せな家づくり 基本の「き」」です。

 

幸せな家づくりの根本は、夫婦が妥協しあって話し合うのではなく、「共同創造」して、話しあえるかどうか?にかかっています。

 

建築業界の人は、専門課程で「心理学」を学びません。

しかし、「心理学」が夫婦の会話の間の橋渡しをする設計士にはとても重要なことで、かつ、夫婦間でもその知識があるのとないのとでは大きく違ってきます。

 

私の大好きな分野の動画がいよいよスタート!

http://www.keizo-office.com/keyword/partner/3713/

木製ルーバーで家をデザインする

高気密高断熱の家に置いて、「日射コントロール」は必須です。

具体的に言うと

 ●夏の日差しを極力家に入れない

 ●冬の日差しを極力家に入れる

というシンプルなものです。

 

高気密高断熱の家で「夏は温室みたいになって暑くなると聞きますが・・」と、尋ねられることがありますが、それは日射コントロールを無視したデザインをしているからです。

 

業界内でもまだまだ浸透していない「日射コントロール」。

ここのデザイン力が問われる時代です。

f:id:yanoukeizou:20190713105644j:plain

木製ルーバーで日射コントロール

今回の yano's bblog でもその辺りを詳細に取り上げました。
http://www.keizo-office.com/kangae/3700/

デザイン重視で、省エネ性能のことを全く考えていない家が多いですが・・・

あなたの周りで、真夏に家の中に日中さんさんと日が入って暑そうな家は無いだろうか?

「高気密高断熱の家って温室みたいになると聞いたことがある」という人がいますが、それは半分正解です。

なせなら、太陽熱を家の中にどのように入れて、どのように入れないか?をデザインしていないからです。

f:id:yanoukeizou:20170530071511j:plain

大開口の南側の窓は、庇がないと完全にNGです

今回のyano's blog では、具体的にどのようにデザインすればいいか?をまとめました

http://www.keizo-office.com/ie/ie-syouene/3696/

耐震等級1 2 3 の明確な違いを知っていますか?

幸せな家づくり 基本の「き」をyoutubeで配信し始めて第31回まできました。

この動画は、単なる家づくりではなく「幸せな家づくり」という視点でお伝えしています。まだ見たことが無い人は第1回目からぜひご覧ください。

さて、第31回目ですが、構造の耐震等級1、2、3を取り上げました。

数字が大きくなればなるほど、構造的に強くなるのですが、一般の住宅ではどのように考えていけばいいかなどを取りまとめています。

f:id:yanoukeizou:20190709173711j:plain

耐震等級1 2 3 について

詳細を知りたい方は、弊社HPのyano's blog からご覧ください。

http://www.keizo-office.com/kihonnoki/3686/

省エネ化の根底に欠かせないパッシブデザインの意味を知ろう

今回から、省エネ化を図る上で、私が大切にしている考えをお伝えしていこうと思います。建物の高断熱高気密化も最低限必要で、また別の時にお伝えしますが、今回からお伝えするのは、自然エネルギー(専門用語で再生可能エネルギーと言います)をどう家に取り入れるかがポイントになると言う視点です。

あなたの家を本当の意味で省エネ化を実現させるなら「パッシブデザイン」の本質を理解する必要があります。

f:id:yanoukeizou:20190709085835j:plain

南面の庇を長くすることで、夏の日射を遮り、冬の暖かな光を家に導くことが可能になります

詳細は yano's blog からどうぞ

http://www.keizo-office.com/kangae/3682/

樹脂サッシは必須アイテムですが、諸刃の剣になることも!!

高気密高断熱の家を作るには、樹脂サッシは必須アイテムですが、リフォームの場合、気をつけないと「もろ刃の剣」になることも!
http://www.keizo-office.com/kangae/3599/

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

株式会社 G proportion アーキテクツ(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、
 
全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

個人情報の管理

当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、
  • 個人情報への不正アクセス
  • 紛失
  • 破損
  • 改ざん
  • 漏洩
などを防止するため、セキュリティシステムの
  • 維持
  • 管理体制の整備
  • 社員教育の徹底
等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

個人情報の利用目的

お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

個人情報の第三者への開示・提供の禁止

当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
  • お客さまの同意がある場合
  • お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
  • 法令に基づき開示することが必要である場合

個人情報の安全対策

当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。
ご本人の照会
お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。
法令、規範の遵守と見直し
当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

お問い合せ

当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。
会社名
株式会社 G proportion アーキテクツ
住所
広島市南区宇品神田3丁目1−3
TEL
082-207-0888
メールアドレス
https://v7.rentalserver.jp/keizo-office.com/cgi-bin/mail.cgi?id=contact
URL
http://www.keizo-office.com/index.html

特定商取引法

特定商取引法

販売業者
株式会社 G proportion アーキテクツ
運営統括責任者
八納啓造
所在地
広島市南区宇品神田3−1−3
連絡先
お問い合わせ、ご質問等は https://v7.rentalserver.jp/keizo-office.com/cgi-bin/mail.cgi?id=contact よりお願いいたします。
販売価格
販売ページに記載
商品代金以外の必要金額
振り込み手数料はご負担下さい。
商品の引渡し時期
開催日、もしくは商品の発送をもってお届けとします。
支払い方法
クレジットカード引き落とし、銀行振込
返品・不良品交換について
データが壊れている等、商品に欠陥がある場合は交換させていただきます。
情報という商品特性上、基本的には返品・返金はお受けしませんが、
 
販売ページに返金保証等が付く場合はそちらを優先します。
  • ※書籍の返品はお受けできませんので、予めご了承ください。
  • ※お客さまのご都合による商品の交換は承っておりません。
  • ※お客さまのご都合による返品の送料は自己負担となります。
個人情報について
当社はお客様のプライバシーを第一に考え運営しております。
詳細は弊社プライバシーポリシーをご覧ください。