住む人が幸せになる家づくり 1級建築士 八納啓創

家造りに関するQ&A、幸せを形にする家づくり、住環境づくりをはじめ、日々の気づきをつづるブログです

意識するとびっくりするくらい家はあなたの人生に影響を与えています

今住んでいる「すまい」。
 
普段から、その「すまい」に関して、
どれくらい「そこで暮らしていること」
に意識しているでしょうか?
 
人によっては、「すまい」
 
=「帰って寝るだけ」
=「利便性の良い場所で生活したい」
=「わが子の教育環境のため」
=「どて~っとしたい場所」
=「プライベートな人とのつながりを築く場所」
 
など、その他にもたくさんあることでしょう。
 

f:id:yanoukeizou:20170626203241j:plain
【八納の自邸。家族が集まって、それぞれ好きなことを
 楽しむ場としてリビングを作った】

 
ここで、ぜひやってもらいたいのが、
あたなたにとっての「すまい」=〇〇を書き出し、
そしてそれを家族と見せ合いっこすることです。
 
多分、住まいに対する意識は、住んでいる人すべてで
バラバラでしょう。
 
そこが興味深いところで、そこに
「住まい」=家族共通の夢
を、話し合いながら導き出してみましょう。
 
私のHPのWORKS&PROJECTの作品集の
家のタイトルは、全て「そのご家族の共通の夢」
になっています。
 
それも一つの参考にしてみてください。
 
さて、本題。
 
私は、住まいに対する意識が、人生やライフスタイルの
奥深くに関わっていると実感しています。
 
仮住まいだと思っている人は、
居心地がいまいちでしょうし、
 
帰って寝るだけという人は、
それだけの場所にしかなりません。
 
人は周辺環境に左右される生き物です。
 
「どれくらいの時間、どういった環境に身を置いているか?」
 
これをどれだけ、自主的に意識して選択しているかが、
その人の人生の自己重要感につながっています。
 
住まいがあたなたの人生にもたらしているもの
=あなたが住まいに対して意識しているもの
 
です。
 
家に対する意識が変わると、住み心地や
人生でいろいろな変化を感じ取ることが出来るようになります。
 
変化があったらぜひシェアしてください。