住む人が幸せになる家づくり 1級建築士 八納啓創

家造りに関するQ&A、幸せを形にする家づくり、住環境づくりをはじめ、日々の気づきをつづるブログです

Q&A 鬼門はどの程度気をつければいいですか?

(ご質問)
風水や家相に興味があります。
間取りを考えるときに鬼門はどの程度気をつければいいですか?
 

f:id:yanoukeizou:20170119094412j:plain

     【風水師と組んで建てた家 ~日本人のための家NO1~】

 

(八納の回答)
まず風水や家相についてですが、基本的に風水と家相は違います。
それについては別の質問でお答えしていますのでそちらをご覧ください。
 
さて、鬼門(きもん)についてです。
風水では「鬼門」がある流派とない流派があり、家相では私のお付き合いした流派の全てで「鬼門」があります。ですので、ここでは家相における「鬼門」が一般的ですので、その視点でお伝えします。
 
鬼門=「おにのもん」と書き、何か怖い印象を受けますよね。
ですが、もともとは「生門」と書いて「きもん」と呼んでいました。もう少し分かりやすい言葉で言うと、「エネルギーが生まれてくる方位」というイメージです。
 
鬼門の方位に関してですが、私がこれまでご一緒させていただいたいろいろな家相の中でも3つほど考え方が大枠としてあります。
 
1つ目は、北東方位60度をすべて鬼門とする考え方。
2つ目は、北東方位45度をすべて鬼門とする考え方。
3つ目は、北東方位の1本の線を鬼門とし、北東45度は鬼門ゾーンとする考え方。
 
どれが正しいということは、私には言えませんが、家相では、この北東ゾーンが鬼門方位であることは間違いありません。後は、どの流派の内容で整理するかで全体の関係性が変わってきます。
 
鬼門方位で気をつけたいことに話を戻します。
先ほど鬼門=生門とお伝えしましたが、「エネルギーの生まれる方位」にどういったものがあると、良くないイメージが出来るでしょうか?
 
やはり、エネルギーが生まれる場所を「不潔」にすることは避けた方がいいということがイメージできるかと思います。
 
良く、玄関や階段は鬼門方位はダメでしょうか?というご質問も受けるのですが、家相の流派によっては、×というところもありますが、私は「不潔」にならないようにすることがポイントだと思いますので、キッチン、トイレ、洗面を避けることが第1優先だと考えています。玄関もきれいに保つことが出来れば(※昔は玄関に、灯油のポリタンクを置いたり、何かしらかぐちゃぐちゃにしていた家も多かった)、問題ないと私は考えます。階段も、同じです。
 
また、整理整頓の話から見ても私は「鬼門方位を徹底的にきれいにしましょう」ということをお伝えしたいと思います。あとは、玄関や水回りも心理的に与える影響が大なので、きれいにすることが重要です。既存の家で鬼門方位に水回りがある場合は、徹底的にきれいにすることをお薦めします。
 
話が若干脱線しましたが、鬼門について押さえておきたいポイントをお伝えしました。
さらに聞きたいことがある場合は、またご質問ください。