読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住む人が幸せになる家づくり 1級建築士 八納啓創

家造りに関するQ&A、幸せを形にする家づくり、住環境づくりをはじめ、日々の気づきをつづるブログです

Q&A 漠然と家を欲しいと思ってきたのですが、何から始めればいいですか?こんな質問で申し訳ありません

(ご質問)
はじめまして!漠然とした話で恐縮ですが、家を購入したいと思っています。ただ、何から始めればいいか分かりません。こんな質問で申し訳ないですが、教えていただけますか?

f:id:yanoukeizou:20170109113111j:plain

   【畑付きの土地を手に入れたい!と願って、数か月後念願の土地を手に入れた瀬野川の家】

 
 
 
(八納の回答)
ご質問くださってありがとうございます。漠然として質問が出来ないという人が多いなか、まずは何でも聞いてみようという姿勢は素晴らしいと思います。
 
家が欲しいと思う人たちのきっかけは様々です。ですので、一概に答えはないのですが、まずは気持ちの棚卸をしてそれをご家族で共有するところからスタートするのがいいでしょう。3つのステップで紹介しましょう。
 
STEP1 なぜ家が欲しいと思ったのかを書き出す
 
まず、気持ちの棚卸として
「なぜ家が欲しいと思ったのですか?」
という質問に答えてみてください。
 
  「今のアパートが手狭になってきたから」
  「時期的にそろそろだと思って」
  「今のまま家賃を払うのがもったいないと思ったから」
  「子供が生まれるのでそれに合わせて」
  「子供の小学校の学区を考えてそのエリアで土地を探したいと思って」
 
など、様々な答えがあるでしょう。
 
時間を取って、書き出してみてください。
 
そして、書き出した内容を、ご家族と共有してみてください。
もしかしたら、パートナーが
「あら、私の思いはこうよ」
と言いながら、項目が増えるかも知れません。
 
 
STEP2 項目の中にワクワクときめく内容が入っているかを見てみる
 
そして、それらの項目を眺めてみてください。
こんまりちゃんじゃないですが、それらの項目中に「ワクワク」「ときめき」の要素が
入っている項目はありますか?
 
「そういえば、ワクワクする項目なんて一つも入っていない!」
と意気消沈する人もいますが、まずは冷静にみてみましょう。
 
 
STEP3 ワクワクときめく項目を追加して、家族で共有する
 
ワクワクときめく項目がない場合は、追加してみましょう。
もし項目がもともとあったら家族でその内容を共有してみましょう。
 
「お風呂でゆったりと月を眺めたような生活がしたい」
「オーガニックな野菜が作れる庭がついた家で自然を満喫したい」
「サロンを併設してライフワークに輪をひろげたい」
「子供たちの思い出に残る木の香り溢れる日々を積み重ねたい」
「一家団欒で笑顔の絶えず、床に直接どて~っとした暮らしがしたい」
 
など、他の人の内容をみたらとても新鮮に映るようなものもあることでしょう。
まずは、自分自身や家族の「ワクワク」「ときめき」の要素の入った答えを導いてみましょう。
 
 
・・・今回のQ&Aにお答えとして3つのステップを紹介しました。
 
何から始めればいいか?ですが、これまで素敵な家を手に入れて充実したライフスタイルをエンジョイしている人たちは、一様に「ワクワク」「ときめき」の要素の入った答えを持っていました。
 
ここに根底がある限り、家を手に入れる動機は揺るぎません。
ここが何よりも増して重要ですので、まずはやってみましょう。
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー