読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住む人が幸せになる家づくり 1級建築士 八納啓創

家造りに関するQ&A、幸せを形にする家づくり、住環境づくりをはじめ、日々の気づきをつづるブログです

Q&A 主人の実家を建替えて二世帯住宅にすることになりましたが、私は漠然とした不安があります。不安を解消するにはどうすればいいですか?

(ご質問)
主人の実家の家を建て替えて、二世帯住宅にすることになりました。私は漠然とした不安があります。不安を解消するためには、どういったことに気を付けて家を建てればいいでしょうか?
 

f:id:yanoukeizou:20170104182721j:plain

 
(八納の回答)
二世帯住宅で特にパートナー側の親と一緒に住むとなると、漠然とした不安が出るのは自然なことです。普段は、普通に接していても生活の距離感が近くなることで、これまで以上に緊張感が出てくるかもしれません。
 
人によっては、相手の親との距離感が近くても全く気にならない人もいますが、多くの場合は、気を使って疲れてしまいます。
 
では、どうすればいいのでしょうか?
大切なのは、まずパートナーとの間で、どういった不安があるかをきっちりと話し合うことです。
 
「もし、お母さんが私たちの暮らしに言及して来たらと思うと不安」
 
「完全に息を抜くことが出来なくなりそうで怖い」
 
「子育てにクレームを入れられるんじゃないかと思うと不安」
 
といったように、パートナーにも気持ちを理解してもらいましょう。
 
そして、もう一つ大切なのは、あくまでもパートナー単位(若夫婦と老夫婦)での話し合いをすることです。
 
気がつくと、夫がいつの間にか夫の親の立場になって話をするようになっていた、と言うのはトラブルの元です。
 
妻が夫の家で二世帯を建てる場合は、夫は自分たち夫婦の窓口になって話し合うスタンスを崩してはいけません。反対の場合も然りです。
 
もし、二世帯住宅を考える上で上記のように出来ないのであれば、かなり居心地の悪い家になります。
 
メンタルの部分なので、メンタルの部分を解消しない限り間取りで工夫しても限界があります。逆にここをしっかりとしてお互いの気持ちが尊重し会えれば、かなり柔軟で楽しい間取りも出来上がるでしょう。
 
まずは、絶対に外さないでいて欲しい視点です。