読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住む人が幸せになる家づくり 1級建築士 八納啓創

家造りに関するQ&A、幸せを形にする家づくり、住環境づくりをはじめ、日々の気づきをつづるブログです

Q&A 住宅ローンをあまり組みたくありません。出来るだけ現金で支払いたいのですが、アドバイスいただけますか?

(ご質問)
住宅ローンをあまり組みたくありません。出来るだけ現金で支払いたいのですが、アドバイスいただけますか?
 

f:id:yanoukeizou:20161219112902j:plain

 
 
(八納の回答)
家を入手すするときには二通りの考え方があります。
 
一つは、
現金で買えるまで家を手に入れない
 
もう一つは、
住宅ローンを組んで家を手に入れる
 
です。
 
合わせて考える必要がある根本的な考えは
 
「収入より支出が上回らない」
 
ということです。ここは大原則です。
 
しかし、先に述べた二通りの考えに関しては答えはありません。
富裕層の人ほど、現金でものを買う傾向が強いのも事実です。
 
では、どうすればいいか?
それは「お金に関する知識を身につける」ことです。
 
例えば、現在の住宅ローンは固定金利で1.5%、変動で1%を切るものもあります。
それに対して、世界で平均的なお金の運用率は年利5%近くあります。
 
そのように考えると現金は5%近くで運用し、住宅ローンを借りたほうが資産は増えていきます。
 
1980年代は、住宅ローンの利率が7%ぐらいありました。
 
ですので、その当時に家を建てた人は「ローンを組むぐらいだったら現金で建てたほうがいい」と思っていましたし、そのことを子供たちに伝えて、今でも「ローンを組むぐらいだったら現金で建てたほうがいい」という教えが正しいと思っている人もいます。
 
この考え自体が今の時代と合っていないことは分かりますよね?
 
しかし、「住宅ローン=借金」であることは間違いありません。
 
では、どこまで借金をするのか?しないのか?
どこまで、借金をしてまでも家を手に入れたいのか?
 
ここを見極める必要があります。
 
お薦めできるのは、独立系ファイナンシャルプランナーの方に、ライフシミュレーションを組んでもらうことです。そうすることで、収入を上回らないバランスでどれくらい住宅ローンを組んでいいか?を将来にわたって方針を見出すことが可能になります。
 
 
また、家づくりの方での工夫で、「どんな状況になっても住宅ローンを支払える仕組みをつくる」ことも可能です。これはまた別の機会にお伝えしましょう。まずは、独立系ファイナンシャルプランナーに相談してみてください。