読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住む人が幸せになる家づくり 1級建築士 八納啓創

家造りに関するQ&A、幸せを形にする家づくり、住環境づくりをはじめ、日々の気づきをつづるブログです

Q&A お金の相談はどこにすればいいですか?

(質問)

 家を購入する際に気になるのがお金のことです。会社の同僚がどのくらいの家を買っているのかリサーチ中ですが、一体どれくらいまでローンを組んでいいのかが分かりません。周りの人に合わせて大体で金額を決めても大丈夫なのでしょうか?

 
 
(八納の答え)
総額いくらくらいまでお金が出せるか?をリサーチするのに多くの方が、「会社の同僚や周りの友人がどれくらいの予算で家を手に入れているか?」からはじめるようです。
 
しかし、それはとても危険なことです。
なぜなら、同じぐらいの年収でも、家族構成や年齢構成、ライフスタイルが違うからです。
 
また、どれくらいの予算で家を手に入れたか?を聞かれた際に、出来るだけ小さな金額で返答する(例えば家の本体だけの価格。それ以外のも500~1000万円別途かかるケースも多い)人も多く、実際に財布から出ていくお金の総額がいくらか?もつかみにくいのが難点です。
 
「同僚が4000万円ぐらいローンを組んでいたので、大丈夫かと思って自分も組んだら、毎年楽しみにしていた海外旅行にまったく行けなくなった」
 
そういう人もいます。
 
では、どうすれば自分たちの望むライフスタイルのバランスを取りながら住宅ローンの金額や財布から出ていく総額を確定させることが出来るのでしょうか?
 
私のおすすめは「独立系のファイナンシャルプランナーに相談にのってもらうこと」です。
 
銀行の窓口や、保険会社に属しているファイナンシャルプランナーに相談される方もいますが、銀行の窓口の場合は、年収からどれくらい借りれるかを教えてくれるだけですし、属しているファイナンシャルプランナーは、親身にローン金額を算定してくれるかも分かりませんが、その時大体保険商品もセットで話が進みます。全面的にその方に依頼するのなら、それでもいいかと思います。
 
ただ、入っている保険などの勧誘なしに、家族の年齢構成やライフスタイルによる出費などを細かく算定してくれて、どれくらい住宅ローンを組んでもいいかどうか?のよきアドバイザーになるのは、「独立系ファイナンシャルプランナー」が最適でしょう。
 
「自分の地域にそういった人がいるのかな?」という時は、「独立系ファイナンシャルプランナー」+「自分の住んでいる地域」を検索キーワードにしてインターネットなどで検索すると出てくると思います。
 
多くの場合は、はじめ無料相談がついています。
活用できそうかどうか、相性が合うかどうかも含めて、ぜひ一度無料相談にのってもらいましょう。