住む人が幸せになる家づくり 1級建築士 八納啓創

家造りに関するQ&A、幸せを形にする家づくり、住環境づくりをはじめ、日々の気づきをつづるブログです

Q&A 風水ってうさん臭く見えるのですが・・・

(質問)

私は風水が気になっているのですが、主人が全く興味を示しません。また知人にそれとなく聞いても、胡散臭いように思われているようです。やはり胡散臭いものなのでしょうか?

 
(八納の答え)
胡散臭いというのは、それぞれの主観ですので一概に正解はないでしょう。
しかし、風水などが胡散臭いと思われている理由はいくつかありますので、今回はそれをご紹介します。
 
別の質問でも答えましたが、風水と同じようなものに家相というものがあります。これらは基本的に違う体系で出来ています。また風水や家相の中にもたくさんの流派があります。
 
そして胡散臭く見える大きな要因の一つが風水と家相の中にあるそれぞれの流派によって言っていることが違っている」ことです。
 
「鬼門・裏鬼門はとても重要」
「いやいやそもそも鬼門・裏鬼門は存在しない」
という流派もあります。
 
「各8方位の分割は45度で分ける」
「いやいや、東西南北が30度でそれ以外が60度」
という流派もあります。
 
「鬼門と裏鬼門に玄関はダメ」
「いやいや鬼門と裏鬼門にも玄関はOK」
という流派もあります。
 
これらのように多分風水や家相に興味を持たれてインターネットで検索したり、書店で本を買ったりして、それらの情報の違いに混乱したかたも多くいるでしょう。
 
「これだけ情報が入り混じっているのだから、胡散臭いそのもの」
というのが、多くの人が思うことではないでしょうか?特に男性からみたら、これらの情報を見て論理的に成り立っていないように感じることでしょう。
 
もう一つには「鑑定している人が胡散臭く見える」というもの。
私もこれまで風水や家相の専門家の方々と多数お付き合いさせていただきましたが、社会的にもしっかりされている方もいれば、才能はずば抜けているけど世の中に合わすことが難しい天才肌の方もいました。ただ、これらの方々は個人的にはとても尊敬する方ばかりでした。
 
私が一つ注意を促したいのは
「私の鑑定通りやらないと、不幸になる」
と言って、コントロールしようとする鑑定士です。
こういう鑑定士には注意が必要ですし、こういう鑑定士に対しては「胡散臭い」と思うことがベターだと思います(笑)
 
この鑑定士を見分ける方法などの詳細については、また別の機会にお伝えしましょう。
 
まとめると、今回のお答えは風水や家相の情報を一般的に見ると胡散臭く見えやすい」というのが私の答えになりますね。