読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住む人が幸せになる家づくり 1級建築士 八納啓創

家造りに関するQ&A、幸せを形にする家づくり、住環境づくりをはじめ、日々の気づきをつづるブログです

Q&A 兄妹なのですが、いつごろから部屋を別々に与えればいいですか?

家造りQ&A わが子の才能をぐんぐん伸ばす家

(質問)
兄妹なのですが、いつごろから部屋を別々に与えればいいですか?

 

(八納の答え)
一言で答えると答えはありません。
というのも、兄妹によって全く答えが変わってくるからです。

高校生になっても同じ部屋で過ごす兄妹もいるときくと驚くでしょうか?
実際にそういう兄妹もいますし、小学校中学年ぐらいから部屋を分けてほしい
と言ってくる子供もいます。

ポイントは「子どもたちがどう思っているか?」です。

「そろそろ中学生になるから部屋を分けてあげたほうがいいかしら?」
と親が判断して、勝手に決めていくのではなく、それぞれにどうしたいか?
を聞いてあげて、二人の意見が違う場合は、橋渡し役として話の場に関わって
上げましょう。

ポイントは、自分たちで決めた、という感覚を子供たちに持たせることが
出来るかどうか?です。

全てにおいて、子供の自主性を育むことが家の使い方でも重要だと私は
考えています。

これまでたくさんのご家族と接してきましたが、家を幸せに活用している
家族の子供は一様に自立するのが早いのですが、子供たちに決めさせて
上げれる機会をたくさん作ってあげましょう。