理想の注文住宅を建てるには

理想の注文住宅を手に入れ、絶対に失敗しないための注文住宅の秘訣を1級建築士である建築家八納啓創がお伝えするブログです

太陽熱を有効に使わない手はないのです

OMソーラーを採用したH様邸 夏は屋根の暖気を排気し、冬は50度の暖気を床下に送り込むシステム 無限のエネルギーである太陽熱を工夫して家の中に取り入れたり、排除できれば、かなり省エネになります。OMソーラーやそよ風というシステムは、シンプルにそれ…

幸運を引き寄せるライフスタイルづくりの秘訣 ダイジェスト版を公開しました

2019年7月13日に広島で開催された開運FESのゲスト講師として登壇してお伝えした27分のうちの15分をダイジェスト版として公開しました。 幸運を引き寄せる人とそうでない人の根本の違いとは?そう言ったことも体感していただけるでしょう。 まずはダイジェス…

「幸せな」家づくりの要は、「夫婦のコミュニケーション」

幸せな家づくりの秘訣は夫婦のコミュニケーションにあります 今回のyano’s blog で取り上げたのは、YouTubeで配信している無料動画講座「幸せな家づくり 基本の「き」」です。 幸せな家づくりの根本は、夫婦が妥協しあって話し合うのではなく、「共同創造」…

木製ルーバーで家をデザインする

高気密高断熱の家に置いて、「日射コントロール」は必須です。 具体的に言うと ●夏の日差しを極力家に入れない ●冬の日差しを極力家に入れる というシンプルなものです。 高気密高断熱の家で「夏は温室みたいになって暑くなると聞きますが・・」と、尋ねられ…

デザイン重視で、省エネ性能のことを全く考えていない家が多いですが・・・

あなたの周りで、真夏に家の中に日中さんさんと日が入って暑そうな家は無いだろうか? 「高気密高断熱の家って温室みたいになると聞いたことがある」という人がいますが、それは半分正解です。 なせなら、太陽熱を家の中にどのように入れて、どのように入れ…

耐震等級1 2 3 の明確な違いを知っていますか?

幸せな家づくり 基本の「き」をyoutubeで配信し始めて第31回まできました。 この動画は、単なる家づくりではなく「幸せな家づくり」という視点でお伝えしています。まだ見たことが無い人は第1回目からぜひご覧ください。 さて、第31回目ですが、構造の耐震等…

省エネ化の根底に欠かせないパッシブデザインの意味を知ろう

今回から、省エネ化を図る上で、私が大切にしている考えをお伝えしていこうと思います。建物の高断熱高気密化も最低限必要で、また別の時にお伝えしますが、今回からお伝えするのは、自然エネルギー(専門用語で再生可能エネルギーと言います)をどう家に取…

樹脂サッシは必須アイテムですが、諸刃の剣になることも!!

高気密高断熱の家を作るには、樹脂サッシは必須アイテムですが、リフォームの場合、気をつけないと「もろ刃の剣」になることも!http://www.keizo-office.com/kangae/3599/

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー 株式会社 G proportion アーキテクツ(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、 全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。 …

特定商取引法

特定商取引法 販売業者 株式会社 G proportion アーキテクツ 運営統括責任者 八納啓造 所在地 広島市南区宇品神田3−1−3 連絡先 お問い合わせ、ご質問等は https://v7.rentalserver.jp/keizo-office.com/cgi-bin/mail.cgi?id=contact よりお願いいたします…

広島でパッシブハウスの作り方が学べれる1日講座があります

建築関係者の皆様へ 2018年1月18日に広島で省エネ住宅の最先端をいっているパッシブハウスのことが学べるセミナーが開催されます。 森みわさんと松尾和也さんが来られ、私も登壇する予定です。 デザイン性も考慮したパッシブデザインの作り方を学んでみませ…

2018年の1年の流れと展望と開運セミナーのお知らせ(16日は満席20日のみ残り8席)

ベストセラー「展望と開運」の著者でもあり私のメンターでもある村山幸徳先生の展望と開運セミナーを受講してきました。 これまで多数の家相や風水鑑定士の方々と一緒に仕事をしてきましたが、理論的にも造詣の深い村山先生の家相をベースにその他の流派の内…

LINEで先行的に有益な情報をお送りしています

「幸運を引き寄せる家 7つの鍵」に登録したみなさま。 LINEで、いち早く有益な情報をお送りしています。 まずは下記から登録くださいね!

電磁波に対しての具体的な対処方について

電磁波の情報ですが、世の中にたくさん出回っています。 その分、情報が混乱しているというのが実感です。 今回、勉強会に参加させていただいた猿田友さんの話は、とても実践的で、私自身共感するところが多く、本当に勉強になりました。このブログでは、ダ…

電磁波が室内で及ぼす影響

先日、電磁波の専門家の猿田友さんの半日勉強会に参加してきました。 https://coubic.com/saru-momo 住宅と電磁波の関係性は切っても切り離せないものだと思い、今までも電磁波については探求してきましたが、今回改めて専門家の話を聞いて、電磁波について…

なぜ設計事務所の設計料は割高に見えるのか?本当に割高なのか?

フェイスブックを通じて、設計事務所のイメージを聞かせていただきました。 その結果、「敷居が高そう」、「設計料が高そう」、「家の値段が高そう」、「家の使い勝手が悪そう」という意見が圧倒的に多かったです。 今回は、「その中でも設計料が高そう」に…

来年1年を快適に流れに乗ったライフスタイルを実現させる方法

注文住宅の設計をする際に、「安心感」や「居心地」を高めるためのツールとして、私は、風水や家相も活用しています。 以前、このブログでもお伝えしましたが、住宅業界で風水や家相はかなり嫌われた存在です。 私が家相や風水を活用しているというと、同業…

家が人に安心感をもたらせてくれる要素 その6 

これまで、 その1)外界から身を守るという安心感 その2)安全でいられるという安心感 その3)所有している場所という安心感 その4)自分の領域を持つことへの安心感 その5)心身ともに健康でいられるための安全ゾーンという安心感 とお伝えしてきまし…

家が人に安心感をもたらせてくれる要素 その5 

家が人に安心感をもたらせてくれている要素その5です。 その4までは、既存の家でも可能ですが、その5からは、今の家を改修などでバージョンアップさせたり、新築で建てる人向きです。 まずはその1からご覧ください。 ※ただ、17000人という数字の意…

家が人に安心をもたらす要素 その4

家が人に安心をもたらす要素。これは多種多様に渡ります。 これまで、その1、その2&3をお伝えしてきましたので、まずはそちらを先にご覧ください。 今回は、より内面的な側面から「安心感」についてまとめています。 家づくりの単なるヒヤリングでは見え…

家が人に安心をもたらす要素 その2&3

家が人に安心をもたらす要素をお伝えしています。 その1はこちらをご覧ください。今回はその2と3です。 【家の中の安心感は、目に見えない意識の中で増す部分も多くあるものです】 2.安全でいられるという安心感 外界から守られていて安全でいられる安…

家の中の安心感を高める方法 その1

「安心」という言葉は、抽象的で家における安心感というものに関してもこの言葉のままだとわかりづらいものです。 しかし、家づくりにおいて「安心」という言葉はよく出てきます。 では、家において「安心」というものは、どういう要素で出来ているのでしょ…

家の耐久性を持たせるための6つのポイント(後半)

今回は、前半に続き、後半をお伝えします。 【家の素材を決めるときには、ここはどれくらいのメンテナンス頻度としやすさを持たせるか?をデザインに組み込むことが重要です】 4.シロアリ対策を確実にする 木造といえば、「シロアリ被害が怖い!」は誰でも…

家の耐久性を持たせるための6つのポイント(前半)

具体的に家の耐久性を持たせるには幾つかポイントがあります。 今回は、木造住宅の場合のポイントを6つお伝えしましょう。情報量が多いので、前半後半の2回に分けてお送りします。今回は、前半です。 【家の耐久性を持たせることは、孫の代まで資産として…

住宅ローンを支払い終える頃の家の状態を知っていますか?

日本以外の先進国の家は「不動産」と言われています。 日本の家は、30年で建て替える「耐久消費財」として長年建てられてきた背景から、不動産としての地位を確立できていません。 【家の耐久性、将来我が子に継がせるかどうか?など考えることはたくさん…

なぜ無料でプランを提案しないのか?

「ハウスメーカーなどはプランを無料で提供してくれるのに、多くの設計事務所では、なぜしてくれないのですか?」 という質問を受けることがあります。 私の事務所では、無料相談というものがあり、2時間ほど色々な話を聞かせていただき、その後土地が決ま…

設計事務所と工務店は何が違うのか?

無料相談を受けたり、家づくりの勉強会を開催するときは、設計事務所は「家を考える専門家」、工務店は「家を建てる専門家」というふうにお伝えしています。 しかし、近年は工務店の中でも飛び抜けて設計力の高い会社も、ちらほら出てきていて一概にそのよう…

TV番組からの誤解「え!設計者って毎日現場に行かないのですか?!」

「先生に端から端まで設計に関わってもらいたいので、他の物件はやらないでほしい」という要望を受けたことが何度かあります。 テレビのビフォー&アフターなどを見てそのように思ったと言っていたのですが、それは実情とは違っています。 TV番組ビフォー&…

理想の設計事務所を見つけるための5つのポイント

ネットが普及して久しくなり、家づくりの方法もネットで情報がどんどん取れる時代になりました。逆に言うと情報過多になり、どの情報が正しいのか?などが分かりづらくなったのも事実です。 家づくりには、ハウスメーカーで家を買う方法、工務店で家を建てる…

日本の家は資産になり得るのか?

家=資産? それとも 負債? この議論には、住宅ローンで借りていれば、家は銀行の持ち物で自分のものではないから=負債、というふうに言われます。 しかし、普段経営をしている事業者から見たら、銀行が融資してくれるお金=資産というふうに見る人の方が…

注文住宅って一体どういったものなの?

この度ブログのタイトルを「住む人が幸せな家づくり」から「理想の注文住宅を建てるには」に変更しました。 これからも末長くよろしくお願いします。 さて、話題を戻します。 注文住宅って一体なんなのでしょうか?自由設計という言い方をしている会社もあり…

設計士、建築士、建築家などの違いってなんだろう?

一般の人から見ると、 設計事務所 建築家 1級建築士 設計士 工務店 施工会社 と、いろいろな名称を聞き、どの会社が何をするかが分かりづらい。 この中で、工務店と施工会社は、 いわゆる「実際に家を建てる工事をする人たち」 と考えればいいでしょう。 中…

施主(建主)と設計士が健全な関係を保つコツ

家づくりにおいて起こるトラブルの1つは、設計士との関係性において起こります。設計士とどのような関係性を築ける人が家づくりをスムーズに楽しいものにしているのでしょうか?施主(建主)と設計者ともにお互いが意識するといいポイントを5つに分けてお…

「あなたは家が好きですか?」・・・住む場所を好きになるコツとは?

あなたは家が好きですか? このように聞くと、 「そんなこと考えたことがない」 「ん〜、家の欠点ばかりに意識が行く」 「????」 という答えが返ってくる場合と 「え?当たり前じゃない。家が嫌いな人なんているの?」 という答えが返ってくる場合があり…

家に「いってきます!」「ただいま!」を言ってみる

ひそかに、家に「いってきます!&ただいま!」運動を促し続けて7年。 なかなか広がりを見せませんが(涙)、実践している人からは 「家に親しみが湧くようになりました」 「居心地が良くなったように思います」 「熟睡できるようになりました」 「家が片付…

暑苦しい夜を快適に熟睡できる方法

お盆ですね。東日本や北日本は涼しい日が続いていますが 西日本は猛暑ですね。。 西日本の方は特に寝苦しい日々を過ごしている ことと思います。 先日、住環境をどう使いこなすと幸せで快適か? をテーマにしたセミナーの講師に呼ばれて話をしました。 「夜…

財布から出て行く総額は?を口癖にしてください

「多くの人がびっくりするくらい家の予算を安く見積もっている」という話をしました。 そうするとびっくりするくらいたくさんの方がシェアしてくださって、たくさんの方に情報が届いたようで嬉しく思います。ありがとうございました。 そのコラムでも最後に…

びっくりするくらい家の予算を安い方に勘違いしている人がいます。しかもそういう人が多いこと・・・・

私はとあるサイトで、事務所紹介をさせていただいていますが、そこから来る資料請求や問い合わせを見ると、家にかかる予算をびっくりするくらい低く見ている人が多いです。 これは、そのサイトの特性かもしれませんが、 ▼東京の狭小敷地で土地代込みで250…

八納の家相&風水の原点である「気学」を学べる勉強会 次回は8月22日に広島で開催します

お知らせです。 私はこれまで家相や風水を取り入れた家の設計をしてきています。 実はそこには、原点があります。それが九星気学風水という学問です。 九星気学風水をかれこれ17年近く学んできていますが、 これが私の設計や人生を支えてくれた要素でもあ…

あなたの家での民泊の可能性は?

家自体が稼いでくれる方法として、「民泊」の可能性についてお伝えしました。 ここでは、それをより掘り下げたいと思います。 ところで、今から20年以上前ですが、武田鉄矢さんが主演の「金八先生」をご覧になった方はいますか? 金八先生は、下宿先に住ん…

気がついたら8冊になっていました

今回は、手前味噌で恐縮ですが、拙著について書きます。 「建築家として、家づくりの実践を繰り返すかな、家に関する住みこなし方や幸せの実感できる生活法、子供の才能がぐんぐん伸びるような情報を発信できないか?」 と思いながら、設計活動を行ってきま…

家自体が稼いでくれる方法

日本の住まいは、不動産ではなく負債と呼ばれています。 なぜなら、多くの場合が住宅ローンを組み、それを労働収入で支払っているからです。 「家賃を払うぐらいだったら住宅ローンの方がマシ」 これが、日本で家を手に入れる一番多い動機です。 しかし、結…

二世帯住宅をつくる時に、夫婦の会話で押さえておきたいポイント

各家族に一つの家を作ることが20世紀の後半日本で掲げられていた目標でした。 21世紀に入り、親の実家を建て替える二世帯住宅がどんどんと増えてきました。 土地を新たに購入する必要もなく、さらに親子で一緒にローンが借りれるなど、自分たちの世代だ…

家で一人きりになれる場所は必要か?〜アスペルガー的気質と家の関係〜

家で一人きりになれる場所は必要か? 子供部屋に関しては、子供部屋で一人で勉強させる弊害の話を拙著「わが子を天才に育てる家」でも伝えています。 基本的に子供は一人きりで物事をするのが嫌いな子が多いです。そういう場合は、ダインングなどを使った勉…

風水&家相はマインドコントロールか?

「業界の9割の人が、見向きもしない風水・家相に対して、一般の人は業界ではほとんどの専門家が風水や家相を知っている思っている」という誤解を生じていることはご存知ですか? 【鑑定実績1万件を持つ鑑定士と組んで設計した日本人のための家】 「風水は…

意識するとびっくりするくらい家はあなたの人生に影響を与えています

今住んでいる「すまい」。 普段から、その「すまい」に関して、 どれくらい「そこで暮らしていること」 に意識しているでしょうか? 人によっては、「すまい」 =「帰って寝るだけ」 =「利便性の良い場所で生活したい」 =「わが子の教育環境のため」 =「…

快適な空間を作ろうとしても難しい本当の理由

快適な空間。 とても抽象度の高い言葉ですが、 快適というのは一体どういうものなのでしょうか? 快は、インターネットで調べると 「心がはればれして気持がよい」 「こころよい」 「おもしろい」 という意味です。 適は、 「それがてきしている」 「かなっ…

Q&A 現在工事中ですが、どんどん工務店と険悪なムードになってきました

(ご質問) 現在、家の工事中で先日上棟しました。 設計のころは、雰囲気も和やかに進んでいたのですが、工事に入ってから工程の事や聞いていなかったことなどがいろいろと出てきて、不信感が募ってきました。このままだと、だんだん険悪なムードになってし…

書斎を作りたい!の前に考えておきたいこと

「書斎が欲しいです」 家づくりのヒヤリングをしている時に、3~4割の男性が そのように言います。 書斎・・・・ 自宅の中に、自分一人だけでこもって、本を読んだり 創作活動したり、勉強したり、と誰にも何も言われなく 打ち込める部屋。 実際、世の中で…

Q&A 風水を勉強したいのですが、何から勉強をすればいいですか?

(ご質問)最近、風水に興味があります。いろいろな本を立ち読みしてみるのですが、どの本を読むと風水のことが勉強できるでしょうか? (八納の答え) 世の中には、風水と呼ばれるものと、家相と呼ばれるものがあります。 この二つは明確に違っています。 …